ぱらのからの - from PARANO -

好きなことを気の向くままに書いて行きます

テニスラケット「Babolat AEROPRO DRIVE FRENCH OPEN」を購入しました

スポンサードリンク

f:id:PARANOiSY:20160607231543j:plain

 

以前から使用していたPrinceの安ラケがあまりに体に合わず、今回良いめのラケットの購入に踏み切りました。スポーツマンの友人がたくさんラケットを持っており、試打させてもらった中でも最も相性の良かったBabolatで探し、今回は「アエロプロ ドライブ フレンチオープン」を購入しました。

 

アエロプロ ドライブってどんなラケット?

アエロプロ ドライブは、2016年になってピュアアエロシリーズに名前を変更したモデルの旧モデルに当たります。ナダル選手の愛用シリーズとして知られていますね。

私が購入したのは2015年の春に発売されたフレンチオープン限定カラーモデルで、中身は2013年のモデルと同じ物だそうです。性能は以下のサイトを参考にしてみてください。

www.tennisclassic.jp

 

購入場所はウィンザーラケット!

私はウィンザーラケットさんの店舗で購入させて頂きました。

www.windsorracket.co.jp

 

店頭価格で、19200円くらいでした。ガット代・張代込みです。もちろん元は3万を超えるモデルですが、去年発売とはいえ型は3年くらいの落ちモデルなのでお安い買い物でした。

 

 

楽天では17000円台でガット料込みのものが販売されています。 ただしグリップサイズが品切れ多いのでご注意。

 

 

ネットなら 最新モデルのピュアアエロも20000円前後で購入できます。店舗では28000円は覚悟です。

 

 

ガットは差額無しの標準3種類から、アディクションというマルチフィラメントのものを選択しました。マルチフィラメントのガットは、やわらかいのが特徴なんだとか。

 

使用感

とても気持ちいい打球感でした。重たくないけれども適度に先端に重心が寄っており、振りやすいのに飛ばしやすい、不思議な感覚です。ラケットは固め、ガットはやわらかめなので、うまく弱点を補完しあっていい感じになっているのかもしれません。まあそれほどうまくないのでよくわかりませんが。笑

 

それでも、明らかに以前のPrinceラケットに比べれば調子は抜群です。深いところに落ちる球が打てるようになりました。長く大事に愛用していきたいと思います。

 

ラケットをどうやって選ぶか

当然一番いいのは試打させてもらうことです。専門店や用品店では、ガットを張った状態のものを2泊くらい無料で貸してくれたりするので、それを利用するのもいいかもしれません。とはいえ時間もないし、面倒な場合が多いですよね。私も今回は試打まではしませんでした。

 

ただし正直、フレーム自体よりもガットの方がフィーリングにとっては重要だと思いました。アエロプロドライブは割と固めのラケットだそうで、パワーヒッターに向いている?というようなことを店員さんは言っていました。確かにナダル選手が使用していたモデルなので、本当にそうなのだと思います。しかし私はガリヒョロで、見るからにパワーがありません。そこでやわらかめのガットを張ってもらいました。そのおかげで先ほどの気持ちよい打球感が得られているのだと思います。逆に言えば、試打をしても張られているガット次第で、打った感覚は全く変わってしまうということです。

 

とはいえ、やはりフレームを実際に手に持って振ってみるくらいはした方がいいと思います。今回お店を回って、Princeの最上級モデルを振ってみましたが、今までの安いラケットと振り心地はかなり近く感じました。おそらくメーカー毎に重量配分の癖などもあって、そもそもそれが合わないという場合もあるのだと思います。私の場合はこれまで使っていたラケットでは、腕が痛くなってしまうという明確な症状がありましたので、とても分かりやすかったです。

 

というわけで、試打までせずとも、実際に振るところまでは試しましょう、というのが結論です。メーカーが決まればあとはカタログスペックで希望(理想?)の性能を持つラケットフレームを選び、ガットで力の差を吸収すれば、体力の変化に合わせてガットでラケットの性格を調整していけます。

 

ついでに

ボールも買いました。

ノンプレッシャーの長持ちボールです。とりあえず練習でたくさんあると便利なので、まとめて購入しました。30個入りでもよかったかもしれません。

 

 

今回は商品の紹介ばかりでしたが、ちゃんと頑張って上手くなります!

広告を非表示にする