ぱらのからの - from PARANO -

好きなことを気の向くままに書いて行きます

スノーボード型キーホルダーを作る その1

スポンサードリンク

f:id:PARANOiSY:20160202004840j:plain

私、自作が趣味です。結構色んな物を作ります。今回は久しぶりに簡単な小物作りを行いました。それが、スノーボード型のキーホルダー(ストラップ)です。自分の板の柄を再現します。

 

材料と道具

今回はプラスチック製の板材(通称プラバン)を使って作成しました。

  • プラ板 1mm厚
  • 型紙用厚紙
  • デカールシート(プリンタ対応のもの)
  • ラッカークリア(スプレー缶)
  • 紙やすり(削り用の100番前後と仕上用の600番前後があるとエッジがきれいに仕上がります。削り用だけでもかまいません)
  • カッターナイフ
  • 油性ペン
  • アイロン(プラを曲げるため。私はスノボーワックス用のものを使いました。100度くらいが出せれば何でもいいです)
  • 印刷用のボードデザイン画像(メーカーサイトやショッピングサイトの物を使わせてもらいました)
  • プリンタ
  • キーホルダー用金具
  • 小型ドリル

他にあると便利なものは、

 

  • Pカッター(プラ板を切るのに使います)
  • 棒やすり
  • ニッパー

 

型紙を作る

ボードデザインの画像を適当な紙に印刷します。厚紙に印刷できればそれでもいいです。印刷サイズは通常プリンターのユーティリティソフトなどで設定できます。フォトビューアによっては印刷解像度を設定できるものもあります。私はPictBearというフリーのペイントソフトを使って印刷しました。イメージ→イメージ情報のDPIを適当な値に設定します。DPI = 画像ピクセル数 ÷ 目的サイズ(cm) × 2.54 で設定すれば目的サイズで出力してくれます。2.54は1インチをcmで表したときの大きさです。

PictBear(ピクトベア)- 多機能で軽快なペイントソフト | フェンリル

f:id:PARANOiSY:20160201001749p:plain

 

印刷した紙を厚紙に貼り付けて切り抜きます。このとき、型は穴側ではなく切り抜かれた板側を使います。

 

f:id:PARANOiSY:20160131235624j:plain

これは型を手書きしたものですが板の形に切り抜いて使います。

 

プラ板を切り出す

f:id:PARANOiSY:20160201002652j:plain

プラ板に型紙を置いて、周りを油性ペンでなぞります。そしてこれを切り出すのですが、カッターナイフだとかなり大変です。1mm厚ならはさみもギリギリ使えますが、Pカッターを使用するのをお勧めします。

OLFA PカッターS型 204B

クラフトツールシリーズ No.91 PカッターII 74091

 

今回使用したプラ板は以下のタミヤ製のものです。私はこれ以外のプラ板を使ったことが無く、実際加工性や強度などは確かによいですが、少し高い気もするので普通に使うならホームセンターなどの適当なもので十分だと思います。2枚入りというのも正直余りがちです。

楽しい工作シリーズ No.124 プラバン 1.0mm B4 (2枚) 70124

楽しい工作シリーズ No.124 プラバン 1.0mm B4 (2枚) 70124

 

 

さて、プラ板を切り抜くときは線よりも少し外側を意識します。少し外側で切り出した後、ニッパーややすりで調整して、ペンのインクがギリギリ全て消えるように削りを調節することで、ほぼ型紙通りの形状になります。そこからさらに一回り小さくする気持ちでやすりを当てて、形を対称に整えていきます。

 

f:id:PARANOiSY:20160201004115j:plain

仕上がりはこんな感じ。少し左側が太いので、この後さらに一回り削りました。

 

この後は曲げ、そしてデカールの貼り付けと続きます。そちらの様子はその2で。

 

OLFA PカッターS型 204B

OLFA PカッターS型 204B

 
クラフトツールシリーズ No.91 PカッターII 74091

クラフトツールシリーズ No.91 PカッターII 74091

 

 

広告を非表示にする