ぱらのからの - from PARANO -

好きなことを気の向くままに書いて行きます

ドライブのススメ

スポンサードリンク

私は車が好きです。車が好きといっても、別にこだわりの車種がどうこうとか、何か改造してみたりとか、そういうことではありません。運転することが好きなのです。だから車は正直なんでもいいのです。実は今やっているアルバイトでも、車を運転する仕事をしています。

 

車離れは本当か

国内の自動車売り上げは確かに伸び悩んでいます。でもやっぱり軽自動車は売れるし、どうしたって車が必要な地域では、若者だって車は必需品です。でもそれは、あくまで必需品です。娯楽用品やステータスとして捉えている人口が減っていることはやはり事実だろうと思います。でもやっぱり、公共交通機関にはない魅力が車にはあるわけです。

 

行動エリア・時間に制約が無い

一番の利点はこれです。どこに行っても(都内は別)自由に動けるのは車ならではの特徴です。特に山合いの観光地では、大変重宝します。深夜だろうがなんだろうが、いつでもどこでも行き放題というのは抜群に便利です。終電も気になりませんし。

 

荷物が置いておける

買い物なんかはやはり楽です。郊外型のショッピングモールが流行っているところをみれば、未だに車文化は衰退していないのだなぁと感じるところもあります。レジャーで出かけても、遊んでいる間の荷物は車の中に入れておけば身軽に楽しめます。というか、車のあるなしで運べる荷物に差が出て、レジャーの幅がそもそも変わってきます。

 

プライベート空間が確保できる

電車やバスと違って、車の中はプライベートな空間です。騒ぎたければ騒げばいいし、いいムードを作りたければ作ればいい、自由自在です。友達同士・恋人同士・家族同士、思うままの移動時間になります。

 

 

当然リスクやデメリットもあります。維持費も高いし、事故の危険もあります。大人数では出かけにくいし、渋滞あるし、運転も疲れるし。まぁレンタカーやシェアカーなど、経済面は色々ありますけどね。でもドライブって人と人をとても近づけてくれるし、運転している人の意外な本当の姿が見えたりもする。別に実用的なことだけじゃなくて、人間関係にも影響を与える力を持ってます。

 

今の車は様々な安全対策や運転支援機能がついてます。運転に不慣れな方でも、よければ車を借りてみて、ドライブでお出かけしてみてください。多分最初はビビリまくってヘトヘトになりますが、それでも楽しいし便利だと思ってもらえるんじゃないでしょうか。

広告を非表示にする